任意整理と個人再生どちらを選んだほうが良い

任意整理と個人再生どちらを選ぶ方が良い?

現在ではお金が必要となった時にはだれでも簡単に借りられる時代となりました。使い道によっては様々な借り入れ方法がありますが、20~50万ぐらいなら1枚のキャッシュカードで現金を手に入れることができます。現金がない場合ではショッピングもカードで支払いができてしまいますのでいくら使ったという金銭感覚がまひしてしまい請求書がきて慌てる人もいます。
そしてマイホーム購入後に大黒柱である旦那さんが病気になってしばらく働けなくなりローンの返済が滞ってしまい消費者金融でお金を借りて返せなくなってしまったなど借金を背負い込み苦しんでいる方は今でも多くおられるようです。それには債務整理をおこなうことによって借金の苦しみから解放されることをまず知っておくことは大切です。ここではあなたにあった債務整理の方法を認識してもらうために自己破産までしなくても立て直せるという方に任意整理と個人再生のどちらを選んだほうが最も良いかを説明したいと思います。

 

任意整理

 

任意整理は借金がかさみ今のままでは返済できなくなってしまう人が行う方法です。一定の収入がある人に限ります。債務者(代理人)と債権者の双方の話し合いにより利息制限法の改正に伴い以前に支払った金額の利息を減額して残っている借金から引いた額を3年で分割して返済するということになります。ですので借金がいくらあるのか何件の債権者があるのか収入はいくらあるのか明確にしなければなりません。個人での交渉もできますが弁護士に依頼するほうが交渉力もありスムーズにことが運びやすく解決の道は早い思われます。計画通りに返金しながらでも通常の生活を送ることができますので他に借金をしない限りは返済が終われば新たな生活への一歩となります。

 

個人再生

 

個人再生は任意整理を行う人よりも困窮の度合いが大きくなっています。ですので裁判所をとしての方法となります。個人や会社の再生を目指すものでやはり一定の収入があるものに限られますが借金の5分の1までの減額ができ残った借金を分割して期限内に支払いする事になっています。借金が多額のためマイホームを失ってしまうのではないかと心配になると思いですがこれからの再生のため失うこともなく計画的な返済にそって借金を返していきます。

 

任意整理か個人再生か迷ったら一人で決めるのではなく知識をもったプロの弁護士に任せるのが一番よいとされています。債務整理は早ければ早いほどにより良いあなたにあった返済方法を見つけられます。手遅れになるとあなただけではなく家族や周りの人にも問題が起きる可能性がでてきます。よってまずは弁護士の無料相談で事情をはなし解決策をアドバイスしてもらいましょう。そうすればあなたの借金の苦しみから抜けられることとなるでしょう。