債務整理で起きる様々な問題

債務整理で起きる様々な問題を解説

誰かに何かを借りたら返すのが当たり前のこの世の中の常識となっていますが返したくても返せなくなってしまったというのが借金でもありますよね。返す意志はあるのにお金がなくて返せないなんて事。少額の金額ならどうにかこうめんして返せますが多額ともなるとそうも簡単にはいきません。悩んでいるうちに借金がどんどんかさみ一人ではどうしようもなくなった時には誰か周りの友人か信頼のできる人に相談するべきですが借金となると話づらいのは当たり前です。逆の立場ならそんな借金の話なんか聞いても貸すお金もなく正直困ってしまいますよね。やはりまず相談をするのなら弁護士に話を聞いてもらうのが一番ではないでしょうか。同じような借金で苦しんでいる人を数えきれないほど債務整理をして解決してきたのですから。ここでは債務整理によって起こる様々な問題を解説します。

 

債務整理での手続き,交渉
債務整理は個人でもできるものもありますが書類作成などの減額の計算などその他にも複雑なものもありやはり弁護士に依頼するほうがスピーディにことが進みます。そして減額のさいの債権者との交渉によって今後の借金返済に関わることなので交渉力のある弁護士に頼むことによっていい方へとすすみます。債務者本人が交渉することでお金を返せない負い目もあり強く言えない場合があるからです。

 

弁護士に依頼した際の費用
弁護士に依頼した場合債務整理の方法によってかなりの金額を支払わなければなりません。もちろん弁護士の方もそれが職業として働いているわけですから。しかし借金返済で困ってお金なんかないのに払えないなんて思ってしまいますが弁護士もそれを考慮しての分割の支払いでの計画案を提示してくれます。ですので借金返済しながら無理のないように費用も返していく事ができます。

 

保証人がいる場合
保証人がいる場合は債務者が債務整理をおこなう事を伝えなければなりません。債務整理の手続きを始めると債権者側の取り立て屋が保証人のほうへと取り立てに行く場合も考えられるからです。保証人も返済出来ない場合は保証人も一緒に債務整理をおこなわなければならないケースもあります。

 

家族
家族がいる場合借金の金額などにもよりますが取り立てなどが来てしまう状態であるのならば正直に話はするべきです。取り立てがくれば家族が巻き込まれてしまうケースがあるからです。取り立てが来るようなら警察にまたは弁護士に依頼しましょう。依頼することにより取り立てはなくなります。

 

債権者
一番の損失を受けるのはお金を貸した債権者ではないでしょうか。貸したお金が減額となったり自己破産などされたらほとんどが返ってこなくなるという状態となります。そのためにも取り立てが厳しくなる場合が多いです。しかし悪質な取り立ては禁止されていますのでひどい場合は刑事告訴や民事事件で訴えることができますので対処しましょう。

 

借金をしないにこした事はありませんがもし借金をしてしまいどうしても返せなくなってしまった時には早めの対処が必要となります。無料での相談もありますのでまず話を聞いてもらいましょう。