債務整理に関する法律を紹介

債務整理に関する法律を紹介

借金を背負い苦しんでいる人への救済への道が債務整理となります。債務整理によって多くの人が新たな生活を手に入れることができます。それによって様々な問題が起きた場合の対処するための法律があります。ここでは債務整理に関する法律を分かりやすく紹介します。

 

業者を規制する法律
貸金業法*登録制度 貸金業を開業するには各地の財務局に登録する必要があります。登録によって業務規制に違反した行為は行政処分として罰せられます。登録をしないでの貸金業をおこなうと懲役罰金が科せられます。業務規制は消費者を守るための規制となっています。
*債務者への悪質な取り立てへの禁止 執拗な取り立てや暴力行為、債務者以外への取り立てなどを行われた場合には業務停止や登録取り消しの行政処分をもとめることができます。

 

債務整理に関する法律
破産法 債務整理の最後の手段である自己破産についての法律です。
*自己破産の申し立てによって免責の申し立ても行われます。
*強制執行の停止ができます。免責の手続きが終了するまでの破産者の生活を守るため財産の強制執行を禁止します。
*自由財産をもてる。必要な生活費の3ヵ月分もしくは現金99万円まで持てます。
*自己破産の期限。1度の自己破産のあと7年間たてば新たに2度目の自己破産を行うことができます。
特定調停法 支払い能力に陥いる恐れのある債務者の経済的再生を目的として特定調停の手続きにより利害関係の調整を促進するための法律となっています。
民事再生法 経済的に苦境にある法人,個人についてのその債権者の多数の同意を得て裁判所の認可を受け再生計画を行ないます。法人,個人の再生を目的とした法律となっています。