債務整理後の新たな生活への注意点を紹介

債務整理後の新たな生活の注意点を紹介

借金の返済が滞ってしまい一人では解決出来なくなった時に債務整理が行われます。債務整理によって借金の返金額が減額されたり自己破産によっての整理では全額免責となり債務者の現状や困窮の度合いによって借金の整理の仕方は異なります。
そして誰もが債務整理を終えると借金がなくなり新しく生活を送ることが出来るようになります。しかしせっかく借金のない生活を始めたというのに以前のような生活やお金の使い方をしていればまた借金を背負い苦しみを味わうこととなり兼ねません。そうならないためにも返済後の生活の再建計画をたてることが必要となり重要となります。
ここでは債務整理後の新たな生活への注意点を紹介します。

現在の収入に合った生活

借金をした理由として自分の収入以上の生活をしていた事が挙げられます。食事や買い物,車,装飾品など収入に見合った以上のものを購入していませんでしたか。これからは収入に見合った生活をすることを心構えをしなければなりません。

お金を借りない

お金が足りなくなるとすぐに借りてしまうということは今までの生活ではあったのではないでしょうか。安易にお金を借りるという考えは改めましょう。やりくりをして借りなくても生活ができるようにしましょう。しかし何らかの急な出費の場合には返せる範囲でのお金を借りましょう。銀行などでは借りるのが難しくなりますのでどうしても借りるあてがない場合は役所での相談もおすすめします。

借金した事による反省

なぜ借金をしてしまったのかなぜ借金を返済出来なくなってしまったのかを十分反省しましょう。厳しいかもしれませんが借金をして債務整理をおこなった場合多くの人に迷惑をかけてしまった事にもなります。債権者側からすれば債務者の借金が減額または全額免責となれば大きな損失となり会社に損害を与えることになります。ですので債権者も必死に回収しようとします。

債務整理をした後の悪徳商法

債務整理のなかでも特に自己破産をした人を狙う悪徳商法によってのお金の融資は気おつけなければなりません。お金を借りられないという弱みに付け込んでお金を貸しては騙すとといった巧妙な手口で仕掛けてきます。何か危険を感じるようなら警察にでも相談しましょう。

 

以上が債務整理後の今後の生活で気おつけなければいけない事ですが反省を踏まえて二度と借金を背負うことのないように生活していきましょう。債務整理をした後は借金はなくなるもののゼロからの出発となります。信用もなくなり銀行からの借り入れ方法は難しくなります。ですので自分の収入だけでの生活をしなければなりませんので厳しい状況かもしれませんがそれも再建の道だと考え頑張っていきましょう。